一番古くからある感染症とは

世界・人類史上最古と伝えられる感染症は、「旧約聖書」や「イリアス」の断片的な記述を除けば、明確な情報として紀元前430年・ギリシアのアテネで流行したチフスが元とされています。当時の疫病に関して記述が残されている書物としては、トゥキディデスの「戦史」で、その書の第2巻の疫病記内に「アテナイ(アテネ)の疫病」が記されています。厳密に言えば、発疹チフス・痘瘡・麻疹、または腸チフスのいずれかの融合形、あるいは合併症と推定されています。
一方、日本で歴史の中で残る最古の感染症は、崇神天皇時代の疫病で「古事記」内にも記されている通り、気候・天候の不調に伴った腸チフスなど、こちらもまたチフス系の熱性伝染病と推定されています。人口が集中・増加し、社会が統一され、異種民族が交流し、街や都市が統制され発展したころに感染症が発生・流行する傾向にあります。
また、こういった感染症による疾患・死亡に関しては、当時は神の怒りや亡霊のたたりなど、天災の一種と捉えられ、「病気」として認識されるのは後の世となります。人類が最初に認識した病気としては、ハンセン病と言われています。ハンセン病は古代エジプトの「パピルス」にも記録されています。熱帯の風土病であり、中世の十字軍の移動によって西ヨーロッパに流入してしまい、貧民層を中心に感染が広がり、その被害は13世紀に頂点に達しました。中世の西ヨーロッパではハンセン病が大流行するも医学が未発達であったため、この病気を防ぐ唯一の手段として隔離・社会的規制という方法を採用せざるをえませんでした。キリスト教会はハンセン病患者を社会的異端者とし、その追放の先頭にたち、悲劇を生みました。

↓トリコモナス治療薬一覧リスト
トリコモナス
↓ジスロマックご購入前にチェック
性病に効果的なジスロックを通販する際の注意点
↓誰にも気づかれず自宅で簡単に
HIV 検査
↓細菌は死滅させ、感染症の症状を改善させる治療薬があります
クラビットでクラミジア撃退